アーカイブ

フラッシュ脱毛の効果はどのようなもん?│エタラビ効果123

脱毛処理後に毛はどうなるのでしょう。脱毛開始から完了までは、通常1年~数年かかりますが、脱毛直後は、まばらな毛や毛穴に詰まった黒い燃えカスを放置することになります。脱毛期間中の毛の処理は、除毛のみが可能となります。

脱毛処理後、毛はどうなるかというと、照射すると、1週間ぐらいで剃っただけの根の毛が抜け落ちてきます。新しく生えてきた毛もすぐに抜け落ちることが多くなり、生えてくる毛が薄くなってきます。そして毛が生えるのが遅くなります。

永久脱毛をしっかりした場合は、全く毛が生えてこなくなります。脱毛処理すると、1~2週間くらいでまた伸びてきますが、気づいたら抜けているような状態になります。一度その層の毛が抜けていれば、基本的には生えませんが、生えたとしても以前のような元気はありません。

脱毛サロンでの脱毛は、毛根部分にあるメラニン色素にのみ反応するので、健康な皮膚組織は破壊しません。レーザーには色々な種類があり、うぶ毛だけを残すことも可能です。医療のレーザーはエステよりも効果が高く、短時間で多くの処理を行う事ができます。まだ生えていない毛根にまでも効果があります。

この投稿は2016年4月19日に公開されました。

そもそも無駄毛ってなんで生えてくるの?│エタラビ効果123

無駄毛が生えて嬉しい、と感じる人はほとんどいないでしょう。しかしほとんどの人には体中のさまざまな部位に無駄毛が生えて来ます。女性であれば大半の無駄毛を毎日のように処理するでしょうし、男性でも無駄毛を煩わしく思っている人もいるでしょう。ではなぜ無駄毛が生えるのでしょうか。

無駄毛は、体を守るために生えて来ます。人間は哺乳類の一種ですが、人間以外の哺乳類の多くは全身が毛でおおわれていることが多いです。なぜなら哺乳類は寒さに弱いからです。体中を毛で覆うと寒さはもちろん外部の刺激からも肌を守ることができます。

しかし人は進化の過程で洋服を着るなどの変化を遂げました。そのせいで全身の毛がほとんどなくなり、薄い無駄毛のみが残るようになったのです。無駄毛といっていますが、もともとは人を守るために生えてきた毛であり現在も人を守るために活躍しています。

現に眉毛や睫毛は、汗などが目に入らないように生えているんです。他にも脇部分など比較的デリケートな部分に多めに無駄毛は生えるように出来ています。無駄毛はとても大切な毛なのです。

この投稿は2016年4月19日に公開されました。

ブタ・馬プラセンタにはどのような差があるの?│エタラビ効果123

ブタ、馬プラセンタにはどのような差があるのでしょうか。

プラセンタの原料として、ブタと馬は代表的なものですが、違いがよくわかりません。ブタ由来のプラセンタと馬由来のプラセンタの違いは、どこにあるのかというと、まず、馬のプラセンタの方が、ブタのプラセンタよりも希少価値が高いです。

ブタは、年間で複数頭出産するのですが、馬は年間に約1回しか出産しません。

馬の方が胎盤を得る機会が少ないので、得られるプラセンタの量は少なくなります。ブタと馬プラセンタの違いは、馬のプラセンタには、ブタに存在しない必須アミノ酸が6種類も多く含まれていて、効果が高いとされています。

さらに、馬のプラセンタの方がブタのプラセンタよりも全体的にアミノ酸量が多くなっています。端的に言うと、ブタよりも馬プラセンタの方が。成分的には優れているということです。

ただし、安全性が高いのはブタプラセンタの方です。遺伝子的に人間に近いからです。ブタと馬プラセンタにはこのような差がありますが、基本的に同じプラセンタなので、それ以上の大きな差はありません。

この投稿は2016年4月19日に公開されました。

ニキビ跡のレーザー治療にかかる費用│エタラビ効果123

ニキビの跡の種類によってはレーザーでの治療が最適となる場合があります。

レーザー治療は基本的に自由診療ですので、費用が高額になってしまいます。レーザーの種類や、治療の回数、治療をする部位、部位の広さなどによって費用はまちまちですが、驚くほど高額になることがほとんどで、決して100%満足のいく効果が得られるという訳でもないので、治療を受ける際にはメリットデメリットをしっかりと把握しておくことが大切でしょう。

費用の目安としては、どの種類のレーザーであっても、頬への治療の場合1回あたり3万円から4万円、場合によっては6万円から10万円程度かかることがあります。1回だけでは効果が出にくい事がほとんどで、2回3回ときには10回以上の治療が必要なケースもあります。

治療は1ヶ月程度に1回行われ毎月この額の出費があると考えるとなかなか一歩を踏み出すのは難しいという人が多いでしょう。

治療後はアフターケアも大切で、かさぶたのように一時的にひどい肌荒れを起こした状態にもなります。ダウンタイムと呼ばれるその期間はマスクをしないと外出が難しいほどになることもあり、費用の面と同様にレーザー治療の大きなデメリットの一つだと言えるでしょう。

この投稿は2016年4月19日に公開されました。